stones---blog

お知らせや近況報告、クライミングの話など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
王子が岳
08年1月13日は岡山県の王子ヶ岳へ行ってきました~。
もりもり、U田さんとOB・Daichi君と私の4人。

P1040334.jpg

前日は結構な雨が降っていたようで所々水溜りもあり、「ハングのマントル」課題のハング下ガバにも水がたまっていたらしい・・・
が、時とともに日差しもどんどん出てきて「晴れの国」らしい空に変わっていく。

現役二人は王子が岳は初めて。

サニーサイドベンチ付近でまず一通りトラ~イ!
もりもりは147センチとリーチのハンデに負けず「グリコ」以外クリア。一日の初めなのであまり打ち込まないようにしてグリコのトライも少しにとどめたのですが・・・
P1040322.jpg
↑はノーハンド課題で地団駄を踏むU田さん・・・

P1040328.jpg
↑ムーンライト・・・右の「フェースの課題」を登るもりもりとDaichi君

嬉しかったのが、役立たずの大岩の課題で右足をフワッと浮かせて(これがしてほしい!!)登るムーブをもりもりは初見アドバイスなしでやってのけ一撃!こういったムーブが体のしみこんできているのだろう・・・なかなか喜ばせてくれました~。

P1040345.jpg
↑ベリーロール(この後のベリーロール体勢からのロックオフが厳しいもりもり)
その後も「カエルフェース」(もりもりこれも登ってしまう!)なんかをめぐり「ベリーロール」へ。
ここではU田さん初の白星!(いや、戦っているわけではないんだけど・・・)U田さんは身体能力はあるので軽くハングを越えるが、その後スポッター泣かせのなんともいえぬムーブでトップアウト!
Daichi君の本気トライなんかも見学しつつ最終メニュー「セイタカアワダチソウ」へ

P1040349.jpg
↑ニコニコ岩をバックに「セイタカアワダチソウ」を攀じるもりもり。

「セイタカアワダチソウ」ではこれはイケルとU田さんは一度のケアレスミスの後左上の結晶を見事に捕らえてサスガの身体能力でトップアウト!!この課題は当然足に上手く重心を乗せられるかという事が重要。がしかし、結晶を捉えられなければさすがに厳しい。夕刻、一気に冷えてきた空気の中、もりもりはじりじりと、じりじりと、左手親指をあるかなしかの結晶をプッシュし左足を上げ、じりじりじりじりと乗り込み フレークを右足バックステップで体を押し上げ初めて結晶を捕らえる!寒空の下、見守るみんなも手に汗握るなか見事トップアウト~。夕闇が押し迫ってきた中、二人とも気分のいい完登で締めくくり終了~。
あっという間の王子が岳ボルダーでした。

12月の王子が岳レッスンでもT島さん、K岡さんも重心移動やきっちりした足置きとそれに対する体使いなんかでパワーではなく登れる実感を得てもらったみたいで私も満足~でした。素晴らしいロケーションの中で良いムーブの経験量を得られるレッスンはかなりお勧めです。

P1040323.jpg
スポンサーサイト
2008年"初”スクール
2008年1月6日 大鳥居の岩場
素晴らしい天気に恵まれたこの日 新年初スクールを開始~!
この日、大鳥居は私たち以外誰も来ず貸切でののびのびクライミング。
さて今年もクライミングをい~~~っぱい楽しみましょう。

P1040237.jpg
▲この日の始まりは若葉さん。少しづつ頼もしくなってきましたよ~!

P1040261.jpg
▲安定した登りでRPのもりもり。

P1040270.jpg
▲淀の岡やんさんもスイスイ。TRの支点のチェックなど頼りにしてますよ~ん!

P1040277.jpg
▲この日のメインメニューは「信楽街道」見た目ノーハンドでぺたぺた登れるだろうと思えるスラブからクラックのあるカンテを登るルート。だがこのスラブが意外と曲者。逆層でいざ取り付くとホールドを求めてカチカチの動きになってしまう・・・思い切ってぺたぺたの足置きが出来るようになるのが目標。カンテへ出るところがまた微妙でフットホールドを欲張って高いところに上げると重心移動が厳しくなる。刻んでリズムよく行こう!でも若葉さんはほとんどオンサイト状態ですんなりリード・・・さすが!

P1040294.jpg
▲「信楽街道」5.10cの若葉さん。

このまま暖かい日がつづけばいいんだけど・・・んな訳ないですよね
初のぼり
大堂海岸のツアー終了後、高知市へ向かう。

P1040020.jpg
↑初登りは海岸のボルダー/案内は永○さん

P1040025.jpg
↑さ~登るぞ登るぞ!そういえばこの岩の裏にあるポケットの課題、まだ登れてなかったー!

P1040028.jpg
↑ここもおもしろかったな~。ぽつんぽつんとボルダーが点在している。

P1040054.jpg
↑移動。凄まじいエリア・・・。凄まじい課題は別にして変化にとんだ課題で楽しめた。

P1040068.jpg
↑この課題、心が折れた・・・また、行きますよ

P1040074.jpg
↑あっと言う間に楽しい時間は過ぎ去る・・・

永○さんは現在高知近郊のボルダーを積極的に開拓されているクライマー。昔、ドイツはフランケンユーラで御一緒し15年の時を経て高知で再会。年を越そうかという深夜にもかかわらず○●族の集結した高知市街から私たち家族を無事救出、そして暖かなもてなしをしてくださる。Cの木○さんファミリー、Cの社長も高知ボルダーを楽しみに永○さん宅へこられている。しかしなんだか不思議だな~15年前・・・結婚して子供を育てるなんて想像できなかったであろう人間が子供を引き連れてボルダーツアーで再会。クライミングを続けているだけでなく二人のお父さんクライマーはキレてるし・・・私はというと年々守りのクライミング・・・久々のボルダーという事もあるけど腰引けまくりの動きで・・・ダメダメだったけど、たった一日だけだけど強烈な筋肉痛とモチをお土産に・・・

P1040101.jpg
二日目もう一つのエリアに未練を残しつつ青空の下、私たち家族は岡山へ。写真は公園で出発前のひと時。


P1040139.jpg
青空は何処へ・・・

P1040156.jpg
↑でも瀬戸内海まで出るとホッソフトクリームでにっこり!


P1040168.jpg
↑王子が岳。最近ほとんど登らないaoiだが何回かのトライで「ムーンライトエプロン」をクリア!ご機嫌~

そんなこんなで年末のスクールからのツアーは終了~
大堂参加の皆様
永○ファミリー
木○ファミリー
C社長
みなさまお世話になりました~。

翌日、田舎の雪の積もる日本海へ出向いたのでした・・・
でその翌日・・・は豊田へ出掛けたのでした

あけましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。
と いってももう10日ほども過ぎていますが・・・

年末の大堂海岸はbbsでも書いてあるように絶好のクライミング日和とは言えなかったまでも、三日間とも登れ楽しい宴会もありあっと言う間に過ぎ去りました。
今後も大堂海岸やその他、楽しいクライミングツアーを企画しますのでバンバン参加してくださいね~!

P1030845.jpg
岡山ルートより右はやさしいクラックがいっぱいある。トポに載っていないクラックも山ほどありクラックを体験するには最高です!クライマー左が「岡山ルート」右が浅いコーナー「もぐらたたき」でチムニーの足捌きを繰り返し練習する "もりもり"

P1030967.jpg
↑「ターンクラック」と「もぐらたたき」の間のクラックはやさしいので初心者のプロテクションセットのトレーニングに最適。

P1030847.jpg
風さえなければ快適。天気がいいときは短パン&Tシャツで登っていたな~(昔話・・・)

P1030978.jpg
「セイシクラック」は見た目も迫力あり。フィストジャムの一手が厳しい~!

P1040011.jpg
↑「おまたせクラック」は短いけどピリリとしたワンムーブがおもしろい。

P1030872.jpg
こんど来たときはリードもしてみようかな~

P1030946.jpg
延々と岩場が続く・・・

今回はめまぐるしく変わる天候のせいもあり写真があんまり撮れませんでした。

※ハーバーエリアのアプローチ
今回はロープを張って降りたのですが、私の記憶ではロープを使わずに降りたハズ・・・
で帰宅後 昔の写真を見てみた。ロープを張って降りたところにちゃんとした階段状の岩がありました・・・あのしっかりしていた岩が跡形もなくなくなるとは・・・自然を侮ってはいけませんね。


070623カウンターつけた日
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。