stones---blog

お知らせや近況報告、クライミングの話など・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
梅雨
いやな梅雨のシーズンが近づいてきた・・・
でも、それがあるからこそ スッキリ晴れた夏の日差しが待ち遠しい・・・
高原の清々しい空気の中でクライミングが楽しめるまで ちょっとばかり いつもより お世話になる
ホールドたち・・・


P1050718.jpg


よろしく~!
スポンサーサイト
■お知らせ■
スクール6月の予定表更新しました。
バンバン登りに来てくださいね~!
千石岩
日曜日は予定通り千石岩へ。
千石岩常連組も他の岩場へ行ったのか今日は不在。
この日、心はノーマルルートと決まっていた中◎ちゃんの思いも通じず・・・ノーマルルート付近は他グループが入れ替わりトライされていたので、バフフェース下部からの厳しいスタートとなった
若葉さんのリードでトップロープがセットされ(なかなか先輩らしくなってきた!?)
P1050559.jpg
▲バフフェース最上部を登る若葉さん

しかし、そうと決まったらみんな頑張ってトライ!
もりもりもビシッと登り、Tsuさんもいい動きをくりだす、F野さんは力強い!、やりだしたら集中の中◎ちゃんもなかなかの動きをくりだ~す!

P1050569.jpg
バフ下部に挑戦~!

P1050562.jpgP1050566.jpg
TsuさんとF野さん

そうそうF野さんは蚊に刺されたようで、蚊取り線香も登場。虫も活発になりだしていますね。超巨大なスズメバチも徘徊していたので黒い服は避けたほうがよさそうです。
P1050575.jpg

その後、バフフェース(上部)と三段ハングのミシガンを時間も忘れてみんなでトライ。
P1050613.jpg

バフでは立ちこみや縦ホールドに合わせたスメアなど吸収できたでしょうか?
ミシガンは取付きが地面なら完全なボルダーの課題。ヒールフックからマントル気味に乗り越すのだがフックの角度とひきつけて左わきを固めるタイミングがポイント。もりもりはかなりというかばっちりものにしていた!
P1050648.jpg
P1050651.jpg
P1050652.jpg
P1050654.jpg
P1050656.jpg
P1050660.jpg
P1050662.jpg
P1050664.jpg
P1050665.jpg
P1050667.jpg
MoriMori on Michigan5.10-

途中、雲行きが怪しくなり大粒の雨が降り出してもおかしくないような感じになったが、降らずに一日過ごせたのもよかったな~。




椿岩
 諸事情で藤内壁企画をアプローチの近い椿岩に変更させてもらいました。 
素晴らしくいい天気なので壁の右半分は日当たり良好!!風があるので助かるが、風がやむと夏・・・のようでした。
この日は若葉さんがすべてリードトライ!
岩場はあと1グループのみでほぼ貸切状態だったので、あせらずにじっくり登れました。いいレッスンになったと思います。
P1050554.jpg
トンキー飯店を見事OS!
粘りに粘りボルト2本目からホールドを探り出してクリア~!おめでとうございました~
隣のマリエンタールは惜しくもオンサイトならずでしたが、きっちり!?2回目でRP。
なにごとも経験経験ですね。
お知らせ
スクールスケジュール変更のお知らせです。
5月17日(土)初級クライミング教室は都合により中止させていただきます。

その他は変更ありません。
クライミングに最高の季節です!みなさんバンバン登りに来てくださいね~!
GW三倉岳
毎年恒例のゴールデンウイーク 三倉岳ツアー無事終了しました。

5/4の夜に雨が降り5/5の朝方に雨がおさまり寒さはあったものの全日登れたのでよかったです。

それぞれに課題を残したり、いいトライがあったりと三倉岳を堪能?したGWでした。

今回、初三倉岳だったOkaやんさんの写真を中心にツアーの一部をご覧ください。

P1050405_1.jpg
▲初三倉岳!まず源助崩れエリアで壁の威圧感にちょっと押される・・・?
このときは蝉様がモアイクラックをリードされてます。

P1050406.jpg
▲モアイクラックをリード中の蝉様

P1050412.jpg
▲さあ!モアイクラックに挑戦!ドキドキ~!!

P1050421.jpg
▲快調、快調!モアイクラックは途中までは適度にホールドもありあせらなければ快適快適。

P1050431.jpg
▲モアイクラック最上部の核心部。チョックストーンの左を登るのが正規ラインでコーナーでのステミングテクニックを発揮できるか!?見事、おかやんさん一撃でクリアです。コーナー奥のクラック沿いにもいけるがハングに蓋をされたようになり後の処理が難しくなるのでステミングがお勧め。

P1050452.jpg
▲ヒップクラック 5.9
ヒップクラックの正規ラインは下部スラブを右へ下降気味にトラバースしてチムニーへ入るのだが、今回はクラックを多く楽しもうと右上ハンドクラックのバリエーションから 

P1050465.jpg
▲核心部のPontaさん、余裕のリードでトップロープをセット。

P1050474.jpg
▲先輩二人が次々とトップロープをセットするので おかやんさん次々と挑戦~!!

P1050492.jpg
▲慣れないチムニー登りもクリアしあっという間に核心のOWへ!手の大きい人はフィストジャムが決められるがそれだけではかなり負担が大きいので結局足の使い方(体づかい)がポイントとなる。何回か試行錯誤しながらPontaさんのイメージを再現でき「おお!そうか、わかった~!!」とクリア。
先輩二人は全然ぎゃふんと言わないおかやんさんに とっておきのルートプレゼントすることになる。

P1050499.jpg
▲水晶クラック1P目 蝉様が迫真のクライミングでRP!
トリッキーなフェースから始まり威圧感のあるコーナーからハング越え・・・終了点間近に苦しいセクションが待ち構えている超充実のルート。

P1050539.jpg
▲Bコース、七合目上ノ岳正面にある短いがハンドジャムを鍛えられる「兵隊クラック」数々のルートと 大盛り上がりの宴会を乗り越えてきた さすがのおかやんさんもかなりお疲れ・・・帰途ザックの重みがかなり応えたと後日語っておられました。
が 疲れがいえたころ 三倉岳にまたぎゃふんといいに行きたくなる・・・奥が深く、しかし決して閉鎖的ではない・・・クライミングが心底楽しめ身にしみる・・・三倉岳

今回、参加できなかった方、何回かいっているあなたも新たなぎゃふんと出会いに クライミングを味わいにぜひぜひ、参加してくださいね。

参加された皆様、お疲れ様でした!
070623カウンターつけた日
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。